お出かけは良いですよ!

〜彼女とのお出かけスポットなどを紹介〜

【群馬県館林市】近藤沼公園~穏やかに桜を見れるお花見スポット~

こんにちは!!

なおにです。

 

家族連れにオススメのお花見スポット!!

遊具も池もある公園を紹介します。

f:id:naoki0607:20190409220941j:plain

 

 

群馬県館林市にある公園

 

「近藤沼公園」

 

f:id:naoki0607:20190409221223j:plain

 

毎年3月下旬から4月上旬のさくらが満開の時期に行われている

「館林さくらまつり」の会場のひとつとなっています。

 

www.gnm-ukiuki.net

 

さくら・こいのぼり・遊具・釣りといった様々な人が訪れていた

近藤沼公園へ行った感想をお伝えします。

 

 

【スポンサーリンク】
   

 

◆近藤沼公園とは

群馬県館林市下三林町にある公園です。

 

コンビネーション遊具・滑り台をはじめとした遊具、多目的グラウンドを2面完備など、様々な人に愛される公園となっています。

 

近藤沼公園の最大の特徴は、大きな池!!

 

f:id:naoki0607:20190409220916j:plain

 

近藤沼漁業協同組合によって管理されており、

楽しく魚釣りが楽しめるスポットとして有名です。

 

さくらも綺麗な公園ですが、魚釣りに来ている方が

ほとんどという特徴強めの公園となっています。

 

 

◆特徴

近藤沼公園の特徴をまとめてみました。

さくらや釣り以外にも、子供たちにオススメの理由がありますよ。

 

①初心者でも楽しい魚釣りスポット

近藤沼漁業組合にて管理されているため、安心安全に魚釣りを楽しめます。

毎年、フナ、コイ、ワカサギなどを放流しており、初心者にも人気とのことです。

 

1日500円の遊魚料を支払えば、誰でも魚釣りを楽しめますよ!!

 

②ゆったりと桜を鑑賞できる

人混みの多い場所のさくらは綺麗ではありますが、疲れてしまいます。

 

「近藤沼公園」は、館林さくらまつりの会場のひとつに選ばれていますが、

混雑はほぼなく、ゆったりと桜を見ることができます。

 

f:id:naoki0607:20190409221034j:plain

 

さくらまつりにも選ばれているため、とても綺麗なさくら

特にさくら並木は圧巻の一言です。

 

 

③水遊びができるじゃぶじゃぶ池

春のさくらシーズンではありませんが、5月~8月の灼熱の時期に

近藤沼公園では水遊びができます。

 

子供たちが1日いても飽きない水遊びスポットとして、

灼熱で有名な館林市のオアシスとなっていますよ!!

 

 

公園自体の規模としては、さほど大きくはありませんが、釣りやさくら・遊具などで賑わっている公園です。

 

駐車場も無料のため、気軽に立ち寄れるのも

うれしい利点のひとつですね!!

 

 

◆感想

館林さくらまつりの会場のひとつとあって賑わっている。

そんな感情を抱きながら、近藤沼公園を訪れました。

 

駐車場は空きがあるものの、やや埋まっている状態

 

さくらは、圧巻の美しさではあるものの、

皆、さかな釣りに夢中で下を向いている状態

 

上を向いているのは、ほんの一部(笑)

綺麗なさくらを独り占め状態でした。

 

f:id:naoki0607:20190409221114j:plain

 

魚釣りとして人気のスポットだけあって、釣り人がわんさかいました。

玄人みたいな人から、初心者みたいな人まで。。。

 

子供たちも遊具で楽しそうに遊んでおり、規模は大きくないながらも、

愛されている公園で良い1日を過ごさせてもらいました。

 

f:id:naoki0607:20190409221138j:plain

 

◆近藤沼公園 概要&アクセス

●概要

 〒374-0044

群馬県館林市下三林町1628

 

 

 

営業時間:特になし(24時間:利用可能)

 

 釣り料金:500円

 

駐車場 :あり(無料)

 

公式HP :近藤沼公園 | 館林市公式ホームページ

 

●アクセス

●自動車の場合

国道354号 ⇒バイパス並木町の交差点 南へ

 

●電車の場合

東武伊勢崎線 館林駅 ⇒ 館林・千代田線バス

 

◆まとめ

今回は、穏やかにさくらを鑑賞できるスポットとして、

近藤沼公園を紹介しました。

 

館林さくらまつりの会場のひとつでありながら、

釣り人に押されがちな残念なさくらたち。

 

ただ、さくらは圧巻の美しさであり、

穏やかにさくらを鑑賞できるスポットとしてはありと思いました。

 

是非、訪れてみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

【スポンサーリンク】