お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

群馬サファリパーク|冬の混雑状況は?寒い時期のおすすめ動物園:群馬県富岡市

f:id:naoki0607:20190909210131j:plain

 

アジア・アメリカ・アフリカなど7つのエリアで構成されている『群馬サファリパーク(群馬県富岡市)』に行ってきました。

 

ライオンやホワイトタイガー、ゾウをはじめ数多くの動物を飼育展示している群馬県屈指の動物園となります。

多くの動物を間近でみれるとあって、土日は混雑することが多いです。

 

今回は混雑を回避するために『冬』に群馬サファリパークを訪れてみました。

結果として「混雑なし」&「普段とは違う動物の姿」など、たくさんの魅力が詰めっていましたよ!

 

 

【スポンサーリンク】
 

◆群馬サファリパークとは・・・

アジア・アメリカ・アフリカなど7つのエリアで構成され、約100種類の動物が飼育展示されている『群馬サファリパーク』ですが、普通の動物園とは少しだけ違いがあります。

 

サファリパークと言えば、ピンとくる方も多いと思いますが『自動車』または『ツアーバス』で園内を散策する動物園となっています。

寒い日でも暖かい車内で動物を観察することができ、天候や気温に左右されずに楽しめる動物園となっていますよ!

 

f:id:naoki0607:20190909234040j:plain

 

◆冬期の営業時間・定休日・入園料は?

冬期(11月1日~2月末日)ですが、営業終了時間が早まっているので注意してください。

 

冬期の営業時間は『9:30~16:30(最終受付15:30)』となります。

最終入園受付が15:30と普段に比べて、30分も早くなっています。

 

その他、定休日(基本的には水曜日)や入園料(2,700円)は変わることはありません。

 

f:id:naoki0607:20190909234119j:plain

 

◆アクセスや駐車場(料金)は?

群馬サファリパークのアクセス方法と駐車場(料金)の基本情報です。

アクセス

群馬サファリパークへは『自動車』と『電車・タクシー』の2通りの行き方があります。

 

●自動車の場合

・上信越自動車道 富岡ICから約10分(約5km)

※ナビへの設定は『群馬サファリパーク』または『群馬県富岡市岡本1番地』

 

●電車・タクシーの場合

・JR線『高崎駅』からタクシーで約40分(約23km)

・上信電鉄『上州富岡駅』からタクシーで約15分(約6.5km)

 

上州富岡駅では『乗合タクシー』なるものを運行しています。

格安料金でバスのように利用することができますが、群馬サファリパークへの移動は不向きです。

 

まず、最寄りバス停『大森』から1.5キロメートル離れているため、徒歩移動が多くなります。また日曜日は運行していない、運行本数が少ないなど気軽に利用できない点が多いように感じました。

 

道中は渋滞も少ないため、自動車で訪れることをおすすめしますよ!

 

駐車場

群馬サファリパークには、専用の駐車場を完備しています。

時期に関係なく、駐車場代として300円が必要になります。

 

ちなみに自家用車で群馬サファリパークの園内に行く場合も、駐車場代(300円)を支払いますので注意してください。

 

◆冬眠はしない?活発な動物たちを見れる

群馬サファリパークの動物たちは、基本的に『冬眠はしない』とのこと。

定期的にエサをあげるなどの対策をして、真冬でも活発に動き周っていましたよ。

 

f:id:naoki0607:20190909222335j:plain

 

真夏の8月頃は動物たちも夏バテ気味で、寝ていることが多いですよね?

冬の場合はその心配は少なく、むしろ活発に動いている動物たちが多いように思いました。

 

ちなみに寝ていた動物で印象的なのは『シマウマ』

立って寝る動物とのことで、この写真も寝ているらしいです。(笑)

微動だにしなかったですよ!

f:id:naoki0607:20190909222241j:plain

 

【スポンサーリンク】
 

◆普段とは少し違う?モコモコの動物

冬でも活発な動物たちですが、少しだけ毛がモコモコしているようにみえます。

恐らく寒さ対策で毛などが伸びるためだと思いますが、普段とは少しだけ違う姿の動物たちはとても新鮮に感じました。

 

f:id:naoki0607:20190909223456j:plain

 

ちなみに『ミーアキャット』はこんな感じで日光浴をしていました。

これも冬ならではかもしれませんね!(笑)

f:id:naoki0607:20190909223314j:plain

 

その他にも毛で丸くなった「ダチョウ」もいました。

f:id:naoki0607:20190909230121j:plain

 

ちなみにダチョウの脳は、目玉よりも軽いのを知っていましたか?

記憶力がものすごく悪いらしく、群馬サファリパークのスタッフが嘆いていました。

 

気になってダチョウの生態を調べてみると、面白い特徴がたくさんありましたよ。

そんなダチョウの生態をまとめてみました。

 

www.gnm-ukiuki.net

 

ダチョウをはじめ『残念だけど笑える』をテーマにした事典があるのをご存知ですか?

笑えてツッコミたくなる動物をわかりやすいイラストで紹介しています。

 

大人でも楽しめる事典となっていますので、楽しく読むことができますよ!

 

 

◆エサやりで動物たちが寄ってくる

冬の群馬サファリパークは、比較的お客さんが少なめです。

そのため、エサやり体験は穴場であり動物たちがとても寄ってきますよ!

ちなみに僕たちはウォーキングエリア内にいる『ライオン・トラ』と『鹿』にエサをあげてみました。

 

ライオン・トラ エサやり体験

エサ代(500円)でお肉をライオン・トラにあげることができます。

ちなみに「レインジャーツアー(乗車料金 1,300円)」で入園している場合は、お肉のエサ代はセットになっていますよ!

 

自家用車などで入園した場合は、ウォーキングエリア内のライオン・トラがいる檻の前で販売しています。

 

厳重な檻からトングを使ってエサを上げることになりますが、ライオンが想像以上にかわいいです。(笑)

 

f:id:naoki0607:20190909225227j:plain

 

必死にお肉を貰う姿は、大きい猫となっていましたよ。

ただ、唸り声や牙の鋭さは流石ライオンといった感じでした。

 

f:id:naoki0607:20190909225259j:plain

 

鹿へのエサやり体験

ウォーキングエリア内の一角に『鹿せんべい』を購入することができ、鹿にあげることができます。

 

f:id:naoki0607:20190909225542j:plain

 

人のいるエリアと鹿は簡易的な柵で区切られていますが、鹿せんべいを持っている人を見つけるとわらわらと寄ってきます。(笑)

 

20~30匹は柵の前に集まりますので、注意してください。

柵の隙間から顔を出して頂戴アピールをしてきますよ。

f:id:naoki0607:20190909225816j:plain

 

◆群馬サファリパーク 概要

〒370-2321

群馬県富岡市岡本1番地

 

入園時間:11月~2月末日 9:30~16:30(最終受付15:30) 

休園日 :基本的に水曜日(祝日の場合は営業)

入園料金:高校生以上:2,700円/ 中学生以下:1,400円

※別途、4つのオプション料金(500円~1,300円)が入園に必要となります。

駐車場:あり(有料:300円)

公式HP:野生の王国 群馬サファリパーク

アクセス:

●自動車の場合

・上信越自動車道 富岡ICから約10分(約5km)

 

●電車・タクシーの場合

・JR線『高崎駅』からタクシーで約40分(約23km)

・上信電鉄『上州富岡駅』からタクシーで約15分(約6.5km)

 

◆赤ちゃんライオンと記念撮影ができる

群馬サファリパークから、徒歩数分のイベントホールではかわいい動物たちと記念撮影をすることができます。

 

僕が訪れた日に撮影できた動物は、以下の通りです。

 ●生後一か月の赤ちゃんライオン

 ●オラウータン

 ●フクロウ

 

料金は写真のサイズによって異なりますが、800円~1,300円程度となります。

僕は一番安いサイズ(800円)でお願いしましたが、一般的な写真サイズでしたよ!

カレンダーサイズなどが1,300円とのことです。

  

生後1ヵ月のライオン 超かわいいです。

 

写真を撮るときにそっぽを向くなどいたずらなところや、毛並みがふかふかで触り心地が良い点など、とても癒されました。

 

冬の時期ですと待ち時間もなく、記念撮影することができるのでよければ足を運んでみてください。

 

◆周辺のおすすめスポット

群馬サファリパーク周辺には、こんなスポットがありますよ。

お出かけの際の参考にして頂けたら嬉しいです。

 

●こんにゃくパーク(工場見学スポット)

こんにゃく・しらたき・ゼリーの製造工程を学べるスポットです。

無料のこんにゃくバイキング料理の試食やこんにゃく・ゼリーの詰め放題など工場見学とは思えないほど賑わいをみせているスポットですよ。

 

↓こんにゃくパークの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

●上州路うどん さくら(お食事処)

上州名物の『ひもかわうどん』を食べられるお店です。

包帯のような幅広麺は、モチモチで弾力感が抜群となっていますよ。

世界遺産の富岡製糸場から徒歩5分と、観光のお昼時におすすめの飲食店ですよ。

 

↓上州路うどん さくらの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

●ふくろうカフェ楽園(フクロウと触れ合い)

フクロウと触れ合えるカフェが群馬県高崎市にあります。

猛禽類ですが意外と大人しいフクロウは、触れ合いにとてもおすすめです。

 

↓ふくろうカフェ楽園の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

◆まとめ

今回は群馬県富岡市にある『群馬サファリパーク』を紹介しました。

約100種類の動物がいる群馬県屈指の動物園となっており、多くのお客さんで賑わっています。

 

少しでも混雑を回避したい場合は『冬』に訪れるのをおすすめします。

混雑が少ないのもありますが、活発な動物たちを観察できるなど多くの魅力がありますよ。

 

是非、群馬サファリパークへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング