お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

ダチョウの生態|脳みそが目玉より小さい!?規格外の特徴を持った生物

f:id:naoki0607:20190827205948j:plain

 

ダチョウは世界最大の鳥でありながら、飛ぶことを諦めた生物です。

走りに特化したダチョウですが、色々と規格外の面白い特徴があるのをご存知ですか?

 

今回は『ダチョウの規格外の生態』についてご紹介します。

 

面白い特徴がたくさんある、少し残念な生き物ですが憎めない話がたくさんありますよ。

あなたもきっと『ダチョウ』が好きになること間違いなしのお話です。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

◆ダチョウとは・・・

頭までの高さ2.4メートル、体重140キログラムを超える規格外の体はもっとも大きい鳥類に分類されます。

目玉だけでも直径が5センチメートルを超え、重さも60グラム程度あり視力の良い生物になりますよ。

 

f:id:naoki0607:20190827212902j:plain

 

卵の重さも1.5キログラムあり世界最大の卵となります。ダチョウの卵は割るだけでも苦労しそうですね。

 

そんなダチョウですが、アフリカやアラビア半島に多く生息していましたが、乱獲により生息範囲が減少傾向にあります。

現在はアフリカの中部と南部のみに生息しているのみとなっているそうですよ。

 

色々と規格外の生物であるダチョウの面白い話・すごい話を紹介します。

 

記憶力が悪い?脳みそが目玉より小さい

体長2.4メートル、体重140キログラムもある大きな体のダチョウですが、脳はとても小さくたったの40グラムしかありません。

 

目玉の重さが60グラムのため、目玉より軽いことになります。

実際にダチョウは記憶力が悪いらしく、群馬サファリパークの飼育員の顔も覚えてくれないと嘆いたほどです。

 

嫌な気持ちもすぐ忘れることができる、ストレスフリーの生物かもしれませんね!(笑)

 

足がチーターに次いで速い!!

飛ぶことを諦めたダチョウですが、どうやら走ることを極めすぎてしまったようです。

 

ダチョウの走る、最高速度は60キロメートル

一般道を走る自動車より少し速い程度と言えば、イメージがし易いですかね?

 

最速の動物であるチーターは最高時速が100キロメートル、これに次いで2番目に足が速いのがダチョウとなります。

 

f:id:naoki0607:20190827223732j:plain

 

ダチョウが100メートル走をした場合、約6秒で走り切ります。

どうやら人間ではダチョウに足の速さでは勝てないみたいですね。

最速のチーターの最高時速が100kmほどなので、チーターに続いて2番目に足が速い生き物となります。

 

マラソンを1時間以内に完走する持久力

ダチョウの最高時速は、60キロメートル。

その時速を1時間以上、維持できるのがダチョウの特徴です。

 

45分でフルマラソンを完走できる持久力。

残念ながら、人間では勝負にすらなりませんね。

f:id:naoki0607:20190827223918j:plain

 

卵が世界最大のサイズ!

ダチョウの卵は直径15センチメートル、重さ1.5キログラム

一般的なニワトリの卵25個分に相当する重さになります。

 

現在確認されている生物では、世界最大の卵でになりますよ!

 

「群馬サファリパーク」には、ダチョウの卵の模型が展示されています。

重量も忠実に再現されているとのことで触ってみましたが、まさにボーリングの玉に近い重さと持ちにくさ。

 

もしダチョウの卵で卵焼きをしたい場合は、筋トレから始めたほうが良いかもしれませんね。

 

視力がすごい!10km先も確認できる!?

ダチョウは視力の良い生物と言われています。

「10km先の物体を認識できる」「50m先のアリの移動を捉える」ことができると言われるほど視力が良いみたいですよ!

 

f:id:naoki0607:20190827212902j:plain

 

脳よりも目玉が重い理由は、視力の良さが関わっているのかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】
 

◆ダチョウ肉はヘルシーで美味しい

馴染みは薄いと思いますが、ダチョウのお肉はヘルシーで美味しいのをご存知ですか?

 

一般的に低カロリーと言われている鶏肉よりカロリー・脂質が低いため、ダイエット時におすすめのお肉になります。

 

実際にダチョウ肉を食べてみましたが、味は鶏肉そのもの。

流通は少なめですが、ヘルシーで美味しいダチョウ肉を食べてみてはいかがでしょうか?バーベキューなどにもおすすめですよ!

 

◆より生き物が好きになる図鑑

一生懸命なのに、どこか残念な生き物の事典が販売されています。

わかりやすい解説と面白い絵で子供にも読みやすい本となっていますよ!

 

生き物への愛情が芽生える一冊となっています。

是非、読んでみてください!

 

 ◆ダチョウの生態を確認しに行こう!

ダチョウの生態を赤裸々に教えてくれた場所を紹介します。

『群馬サファリパーク』

 

ホワイトタイガーやライオン、キリンなど間近で見れるとあって、デートや家族連れにおすすめのスポットですよ!

 

www.gnm-ukiuki.net

 

◆まとめ

今回はダチョウの生態について紹介しました。

脳みそが小さく記憶力は悪い生物ですが、足の速さなどの身体能力は規格外となっています。

 

動物園ではあまり人気ではないダチョウですが、たくさんの魅力があります。

今度、じっくりとダチョウを観察してみてはいかがでしょうか ?

 

おわり

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング