お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

こんにゃくパーク|家族連れ・カップルで楽しめる!無料のオススメ観光スポット:群馬県甘楽町

f:id:naoki0607:20190817120020j:plain

 

こんにゃくの原料である「こんにゃくいも」

実は群馬県が生産量日本一なのをご存知でしたか?

 

そんなこんにゃくの生産量日本一を支えている『こんにゃくパーク(群馬県甘楽町)』の工場見学に行ってきました。

 

普通の工場見学とは違うテーマパークのような感覚で「こんにゃく」「しらたき」「ゼリー」の作り方を学ぶことができます。

 

その他にも無料バイキングやゼリーの詰め放題、足湯など観光地としても人気の高いこんにゃくパークのアクセス方法や混雑状況を紹介します。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

◆こんにゃくパーク とは・・・

群馬県甘楽町にある『こんにゃくパーク』では、こんにゃくなどの工場見学・こんにゃくのアレンジ料理が食べられるバイキング、足湯、お土産など楽しみ方が盛りだくさんのテーマパークです。

 

室内の施設が多く、天候に左右されることなく子供から大人まで楽しめるオススメの観光スポットですよ!

 

f:id:naoki0607:20190817140005j:plain

 

開園時間

こんにゃくパークの開園時間ですが、9:00~18:00となっています。

また、最終受付は17:00までとなっていますの注意してください。

 

こんにゃくパークは意外と大きい施設となっています。

存分に楽しみたい場合は2時間程度は必要になりますので。遅くとも16時までに訪れることをオススメしますよ!

 

定休日

こんにゃくパークですが、特定の定休日は設けていないようです。

随時「営業カレンダー(4か月分)」でお知らせをしていますので、そちらをご確認ください。

 

こんにゃくパーク営業日カレンダーはこちら

 

料金

こんにゃくパークの入園料ですが、子供・大人ともに無料です。

受付時に簡単なアンケートに答えるだけで、お金が掛からない嬉しいスポットですね。

 

ただ店内には、お土産コーナーや詰め放題、売店などがありますので、ついついお金を使ってしまうかもしれません。(笑)

 

アクセス

こんにゃくパークへのアクセス方法ですが、『自動車』・『電車・タクシー』の2パターンとなります。

 

●自動車の場合

・上信越自動車道 富岡ICから10分(約4km)

 ※カーナビの設定は『甘楽町役場』または『群馬県甘楽郡甘楽町大字木幡161-1』

  施設が新しく、ナビでは出ない可能性があります。

  必要に応じて「Google Maps」を利用してください。

 

●電車の場合

・上信電鉄「上州福島駅」からタクシーで約10分

・JR「高崎駅」からタクシーで約50分

 

残念ながら路線バスは廃止に伴い、運行していないみたいです。

また最寄り駅「上州福島駅」は、ほぼ無人駅状態でありタクシーを使うのであればJR「高崎駅」が最寄り駅になります。

 

電車でのアクセスには向かないため、自家用車で訪れることをオススメしますよ!

 

駐車場

こんにゃくパーク専用の無料駐車場を完備しています。

大型バスの駐車スペースを確保できるほど、駐車場は豊富にあります。

 

案内のスタッフも豊富で指示に従いながら、楽に駐車することができましたよ!

混雑時でも駐車スペースに困ることはないと思いますよ。

 

◆こんにゃくパークでできること

こんにゃくパーク内でできることを簡単にまとめてみました。

 

工場見学

「板こんにゃく」「しらたき」「ゼリー」の工場見学が可能です。

事前予約の必要もなく、気軽に工場見学をすることができますよ!

f:id:naoki0607:20190817131858j:plain

 

工場見学エリアは楽しく学べるよう工夫がされています。

こんにゃく芋の花が咲く時期は、背丈が180cmにもなるみたいです。

f:id:naoki0607:20190817131925j:plain

 

黙々としらたきを詰めする社員。とても素早い袋詰めは匠の技でした。

f:id:naoki0607:20190817132425j:plain

 

その他にも、こんにゃく作りの方法のパネルなど楽しく伝える工夫がありましたよ。

f:id:naoki0607:20190817132616j:plain

 

 

こんにゃく料理の試食(バイキング)

こんにゃくパークでは、様々なこんにゃくのアレンジ料理を無料で試食できるエリアがあります。

 

お土産売り場の奥にある、こんにゃくバイキング会場。

事前予約の必要もなく、誰でも無料で楽しめると人気の高いエリアです。

 

休日ともなれば、1時間待ちの長い行列もできたりします。

実際に僕たちが訪れた時は、1時間待ちの長蛇の列でしたよ。

 

行列を避けるなら営業開始直後か平日に訪れるなどの工夫が必要かもしれません。

 

ちなみに「こんにゃく」はカロリーが少なく、満腹感の得られるダイエットに最適な食べ物なのをご存知でしたか?

 

 

↓便秘解消などこんにゃくの魅力の記事はこちら 

www.gnm-ukiuki.net

 

詰め放題

500円で毎日開催されている『こんにゃく』と『ゼリー』の詰め放題。

袋が破けるや商品がこぼれない程度ならOK、種類も豊富のため商品を選びながら楽しく詰め放題をすることができます。

 

最低でも5つの商品を詰めることができますので、1つ100円と考えると非常にお得に感じますよね。

 

その他

その他にもこんにゃくパークでは、『手作り体験(要予約・有料)』『農産物の直売』『足湯』などもありますよ!

 

こんにゃくパーク内にはベンチも多数あり、休憩スペースは豊富にありました。

自分たちのペースでゆっくりと見学してみてはいかがでしょうか?

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

◆こんにゃくパーク 概要

〒370-2292

群馬県甘楽郡甘楽町小幡161-1

 

開館時間:9:00~18:00(最終:17:00)

休館日 :基本的には年中無休

入場料 :無料

駐車場 :無料

公式HP  : http://konnyaku-park.com/

 

◆アクセス

●自動車の場合

・上信越自動車道 富岡ICから10分(約4km)

 ※カーナビの設定は『甘楽町役場』または『群馬県甘楽郡甘楽町大字木幡161-1』

 

●電車の場合

・上信電鉄「上州福島駅」からタクシーで約10分

・JR「高崎駅」からタクシーで約50分

◆低カロリーなお酒のお供

低カロリーで満腹感を得ることができる「こんにゃく」ですが、おつまみとしてこんな商品がありますよ。

その名も『かみかみこんにゃく』

 

低カロリーなため、お腹周りを気にせずに晩酌を楽しむことができますよ。

噛むことでダイエット効果もあるため、ダイエット食品にもオススメですよ。

 

 

◆周辺のオススメスポット

こんにゃくパーク周辺には、こんなスポットがありますよ!

こんにゃくパークに訪れた際に参考にして頂けたら嬉しいです。

 

●群馬サファリパーク(こんにゃくパークから約10分(約5km))

ホワイトタイガーやライオンなど、数多くの動物をみることができます。

中でもオススメなのは、ライオンへの餌やり。

牙などは鋭いですが、かわいさは抜群でしたよ!

 

↓群馬サファリパークの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

●ガトーフェスタハラダ(こんにゃくパークから約30分(約20km))

お土産などに大人気の『ハラダのラスク』の製造工程を見学することができます。

入場料無料でラスクを試食できるので、訪れてみてください。

群馬限定のラスクやお徳用のラスクなどを販売しているお土産売り場もありますよ!

 

↓ガトーフェスタハラダの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

●世界の名犬牧場(こんにゃくパークから約1時間(約40km))

大人から子どもまで楽しめる「犬専門のふれあい」が魅力的なスポットです。

「世界の名犬牧場」内で買える犬専用のおやつを持って、ふれあい広場に行くと驚くほど歓迎されますよ!(笑)

 

↓世界の名犬牧場の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

◆まとめ

今回は群馬県甘楽町にある『こんにゃくパーク』についてご紹介しました。

事前予約なし、入場料無料という気軽に立ち寄れるスポットとなっています。

 

また、こんにゃくパーク内で混雑する『バイキング』エリアは休日の場合、1時間以上待つ場合があるので注意してください。

 

子供から大人まで楽しむことができるテーマパーク感覚の工場見学なので、是非あなたも足を運んでみませんか?

 

 

おわり

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング