お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

【十六羅漢岩】海岸の岩に仏像が!?無料で楽しめる観光スポット:山形県遊佐町

f:id:naoki0607:20190701211325j:plain

 

日本には少し変わったスポットがたくさんありますよね。

秋田県にほど近い、山形県遊佐町の海沿いに少し変わった景色があります。

 

美しい自然の海と匠が石工した仏像の絶景『十六羅漢岩(山形県遊佐町)』という隠れた観光スポットがあるのをご存知ですか!?

 

日本海の岩に22体の仏像が石工されている、歴史的にも貴重なスポット。

十六羅漢岩の魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

 

【スポンサーリンク】
   

 

◆十六羅漢岩とは

日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養・海上安全を願って22体の仏像が岩礁に刻まれました。

日本海側で岩礁に刻まれている場所は十六羅漢岩のみ、山形県で唯一「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選ばれています。

 

仏像も凄いですが、個人的に感動した部分は海の綺麗さ!

晴れの日には絶景の写真スポットとして、人気を博しています。

 

景色を目に焼き付ける。写真撮影や写生など、僕が訪れた日も方法は違えど景色を堪能している人がほとんどでした。

f:id:naoki0607:20190701222236j:plain

 

 

営業時間

営業時間についてですが、特に設けられていません。

 

個人的におススメなのは、昼間と夕日のタイミング。

カメラ初心者の僕でも簡単に絶景が撮れる仕様になっています。

 

反対に海沿いにあり、柵もない状態のため夜間に訪れることは危険だと感じました。

 

定休日

定休日についてですが、特に設けられていません。

土曜日・日曜日、平日でも行きたい時に行けるスポットは嬉しいですね。

 

入場料

入場料ですが、無料となっています。

 

お金が一切かからないため、気軽に立ち寄ることができますよね。

無料のスポットですが、有料並の観光地となっています。

 

駐車場

無料で豊富な駐車場を完備しています。

 

大型バスも楽々駐車可能なスペース。

運転が苦手な人でも停めやすい設計となっていますよ!

 

◆実際に行った感想

荷物は最小限がおすすめ!

十六羅漢岩周辺は海が目の前にあります。

海沿いは柵もない状態なので、財布や携帯を落としてしまったら、二度と手元には戻ってこないことでしょう。

 

そうなってしまったら、せっかくの旅行も台無しですよね。

 

幸いなことに十六羅漢岩は、お金が一切掛からない観光地です。

財布など使わないものは車に置いていってしまいましょう!

 

身軽になった分だけ楽しめるスポットですので荷物は必要な分だけ!

僕もカメラと携帯のみで絶対離さない意識で持っていきましたよ。

 

f:id:naoki0607:20190701222520j:plain

 

 

サンダル、ヒールで行くのは危険!

かなり整備が進んでいると感じましたが、海辺のゴツゴツした岩場を歩く機会が多いです。個人的にはかなり歩きにくいと感じました。

 

f:id:naoki0607:20190701222355j:plain

 

安全性を考えると、サンダルやヒールで訪れるのはオススメしません。

足が痛い状態での旅行は辛いですからね。。。

 

楽しい旅行にするため、歩きやすいスニーカーで訪れるのが良いでしょう!

 

【スポンサーリンク】
   

◆十六羅漢岩 概要

〒999-8521

山形県飽海群遊佐町吹浦西楯

 

入場料:無料

駐車場:あり(無料)

公式HP:十六羅漢岩 | 遊佐鳥海観光協会|山形県遊佐町

 

◆アクセス

・自動車の場合

山形自動車道 酒田みなとIC ⇒国道7号線 20分

 

・電車の場合

JR線 羽越本線 吹浦駅 ⇒徒歩(1.2km)15分

 

◆まとめ

今回は山形県の海沿いの観光スポット『十六羅漢岩』を紹介しました。

 

お金が一切掛からない観光地ですが、有料級の景色を楽しむことができるエリアとなっています。

 

また、十六羅漢岩までのルートは海沿いの国道7号です。

海風を浴びてのドライブができる、気持ちいいコースとなっていますよ。

 

是非、十六羅漢岩に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 

【スポンサーリンク】
   

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング