お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

【古代蓮の里】田んぼアート会場の公園!営業時間・アクセス・見頃など:埼玉県行田市

f:id:naoki0607:20190727120538j:plain

 

夏に見頃を迎える蓮ですが、開花時期が短いのをご存知でしたか!?

蓮の花の命は『4日間』と言われ、非常に儚いと感じてしまう人も多いですよね。

 

40種類以上の花蓮を見れる『古代蓮の里(埼玉県行田市)』という総面積14ヘクタール(東京ドーム3個分)の大きな公園に行ってきました。

 

花蓮以外にもギネス世界記録を持つ「田んぼアート」がみれる公園とあって、この日も多くのお客さんで賑わっていました。

 

 

 

【スポンサーリンク】
   

◆古代蓮の里とは・・・

埼玉県北部の行田市にある、40種類以上の蓮をみることのできる公園です。

総面積は14ヘクタール(東京ドーム3個分)の公園内には、「滑り台などの遊具」「釣り堀」「展望台」などの施設も備えています。

 

展望台からはギネス世界記録の田んぼアートも眺めることができ、蓮と併せての人気スポットとなっていますよ!

 

↓田んぼアートの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

(田んぼアートの期間は、毎年7月中旬~10月中旬)

 

f:id:naoki0607:20190727142130j:plain

 

営業時間

公園内・駐車場は「終日解放」のため時間を気にする必要はありません。

 

展望台(古代蓮会館)・売店は営業時間があるため注意してください。

 

●展望台(古代蓮会館):営業時間

・通常期(6月中旬~8月上旬以外):9:00~16:30 (受付16:00まで)

・蓮の開花期(6月中旬~8月上旬):7:00~16:30 (受付16:00まで)

 

●売店(うどん店):営業時間

売店 通常期
(6月中旬~8月上旬以外)
9:00~16:00
売店 蓮の開花期
(6月中旬~8月上旬)

7:00~16:00

うどん店 通常期
(6月中旬~8月上旬以外)

11:00~14:00 

うどん店 蓮の開花期
(6月中旬~8月上旬)
9:00~16:00

 

利用料金

公園内の料金は「無料」で利用することができます。

蓮が見ごろの時期でも変わらず、無料なのは非常に嬉しいですね!

 

展望台(古代蓮会館)は、有料(大人:400円、小人:200円)となっています。

料金は展望台の入り口で購入する形となっていますよ!

 

休業日

公園は終日解放のため、「無休」となっています。

 

展望台(古代蓮会館)、売店はお休みがありますので注意してください。

基本的な休業日は、『月曜日(祝日除く)』『祝日の翌日(土日除く)』『年末年始』です。蓮の開花時期(6月中旬~8月上旬)は休まず営業しているとのことです。

 

駐車場

古代蓮の里専用の大型駐車場を完備しています。

駐車エリアは南側(356台)と北側(142台)の2か所あり、南側駐車場がメインとなっています。

 

基本的には無料で利用することができますが、蓮の開花時期(6月中旬~8月上旬)では有料となりますので注意してください!

(駐車料金:普通車500円、中型・大型車:1,500円)

 

見頃

花蓮の開花時期は6月中旬~8月上旬と言われています。

古代蓮の里は数多くの蓮がみれるため、見頃は長めとなっています。

7月中旬でたくさんの美しい花蓮を見ることができましたよ! 

 

また、午後にはつぼみに戻ってしまいますので、花蓮を見に行くのは午前中をオススメしますよ!

f:id:naoki0607:20190727142224j:plain

 

 

アクセス

基本的に古代蓮の里へのアクセスは『自動車』『電車・バス』の2通りの方法があります。

 

個人的におススメなのは『自動車』でのアクセスですが、『電車・バス』でのアクセスも充実しているように感じました。

特に蓮の開花時期は、JR高崎線「行田駅」⇔「古代蓮の里」をシャトルバスが運行しているため行きやすくなっています。

 

●自動車の場合

・東北自動車道 羽生ICから約12km

・関越自動車道 東松山ICから約18km

 

●電車の場合

最寄り駅は『JR高崎線:行田駅』『秩父鉄道:行田市駅』

最寄り駅からバスにて古代蓮の里へ向かいます。

 

詳細は、古代の里公式HPをご確認ください。

バスの時刻表や乗場などものすごく詳しく・わかりやすく書かれています。

 

◆特徴(感想・雰囲気など)

実際に古代蓮の里を訪れて感じた特徴をまとめてみました。

 

7月中旬・午後の花蓮

僕が古代蓮の里を訪れたのは、7月中旬の午後(13:00頃)です。

 

蓮の見頃の時期ではありますが午後に到着・・・

綺麗な花蓮がみれるか微妙な時間帯でしたが、綺麗な花蓮をみることができました。

 

f:id:naoki0607:20190727142312j:plain

 

15:00頃には完全につぼみに戻ってしまったので、

午後に訪れる場合はそれなりの覚悟が必要かもしれませんね。

 

混雑も考えると、朝早くに訪れる朝活もオススメかと思いました。

僕は起きることができないと思いますけど・・・(笑)

 

水分補給はこまめに!

猛暑で有名な熊谷市のお隣の行田市。もちろん気温が高く、とにかく暑いです。

7月中旬でも35度から40度の気温も珍しくなく、僕が訪れた日もかなりの蒸し暑さとなっていました。

 

汗が滝のように溢れ出し、Tシャツもびちゃびちゃに濡れる。

どんどん水分が奪われていき、のどはカラカラです。

 

熱中症対策のために、こまめな水分補給を行いましょう。

また展望台(古代蓮会館)はクーラーの効いている涼しい部屋もあります。

涼みに行くのもいいかもしれませんね!

 

【スポンサーリンク】
   

◆古代蓮の里 情報

〒361-0024

埼玉県行田市小針2375番地1

 

営業時間:終日解放

休業日 :無休

利用料金:無料

駐車場 :あり(蓮の開花時期のみ有料:500円)

公式HP  :古代蓮の里(埼玉県行田市)

 

◆アクセス

・自動車の場合

東北自動車道 羽生ICから12km

関越自動車道 東松山ICから18km

 

・電車、バスの場合

最寄り駅『JR高崎線 行田駅』『秩父鉄道 行田市駅』

そこからバスのご利用ください。

 

詳細は古代蓮の里公式HPをご確認ください。

 

◆冷蔵庫を開けたら挨拶!面白アイテム

暑い日が続くと冷たい飲み物が欲しくなり、ついつい冷蔵庫を開ける頻度が増えますよね。冷蔵庫を開けると『話しかけてくる』こんな商品があるのをご存知ですか?

 

『フリッジィズー』

 

冷蔵庫に入れておくと、ドアを開けるたびに話かけてきます。

ドアを開けっぱなしだと注意されることも・・・(笑)

 

節約・節電に役立つアイテムとのことですが、見た目もかわいくお子さんのいる家庭にも喜ばれそうですね!

 

各地方の方言を話す種類も販売されていますので、是非チェックしてみてください!

 

 

◆まとめ

今回は埼玉県行田市にある『古代蓮の里』について紹介しました。

40種類を超える蓮をみれる公園は、全国的にも珍しく非常におススメのスポットです。

 

花蓮が満開になるのは午前中となります。

午後も13:00頃までは開いていましたが、午前中に訪れることをオススメしますよ!

 

是非、綺麗な花蓮をみに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 

【スポンサーリンク】
   


にほんブログ村

 


人気ブログランキング