お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

こんにゃくパーク(無料バイキング)|平日の混雑状況や雰囲気など:群馬県甘楽町

f:id:naoki0607:20210409203351j:plain

 

 

こんにゃくのテーマパーク『こんにゃくパーク(群馬県甘楽町)』に行ってきました。

 

そんな、こんにゃくパークで特に人気なのが、無料バイキングではないでしょうか。様々なこんにゃく料理を無料で食べられるとあって、混雑していることが多いです。

 

過去の経験だと、日曜日に60分以上の待ち時間を記録したことも・・・

反対に平日は比較的、空いていて混雑なく楽しむことができましたよ。

 

今回は、こんにゃくパークの無料バイキングの平日の状況について紹介します。

実際に訪れた体験談をもとに紹介するので、これから訪れたい方は参考にしてみてください。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

こんにゃくパークとは・・・どんな施設なのか

 

f:id:naoki0607:20210409213314j:plain

 

 

群馬県の南西部に位置する甘楽町にある『こんにゃくのテーマパーク』です。

 

こんにゃくの生産量が日本一の群馬県。

そんな群馬県内でも屈指のこんにゃく製造工場が運営しているテーマパークで、こんにゃくの製造工程などが見学できます。

 

こんにゃくパーク|工場見学の雰囲気は?料金・営業時間・駐車場などの情報:群馬県甘楽町

 

また、お土産コーナーの品揃いも充実しており、100種類以上のこんにゃく商品、ゼリー、群馬県のご当地品などが販売されていました。

500円などで詰め放題などもやっているため是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

こんにゃく料理が食べられる『無料のバイキング』がある

 

f:id:naoki0607:20200417213627j:plain

 

 

さて、そんなこんにゃくパークですが、特に人気なのが『無料バイキング』コーナーとなっています。

 

様々なこんにゃく料理を無料で食べられるコーナーで、定番のこんにゃく料理からこんにゃく寒天ゼリーを使ったデザートなどもありました。

メニューも多いので、試食程度ではなくがっつり食べることができますよ。

 

こんにゃくパーク(無料バイキング) 特徴

●20分間、無料でこんにゃく料理を食べられる人気コーナー

●定番のこんにゃく料理から、スイーツまで様々なメニューがあった

●平日は比較的空いている。待ち時間もなかった

●日曜日は激混みの場合あり。60分以上の待ち時間もあった

 

今回、平日のお昼頃にこんにゃくパークに訪れてみました。

その際の無料バイキングコーナーですが、お客さんも比較的少なく、待ち時間もなく利用することができましたよ。

 

過去に日曜日に訪れたこともありますが、その当時とは比較できないくらい空いていました。

可能な限り、平日に訪れた方がよりこんにゃくパークを楽しめるかもしれませんね。

 

 

 

ラーメンやゼリーなど全てのメニューがこんにゃくだった

 

f:id:naoki0607:20210409203351j:plain

 

 

無料バイキングコーナーでは、様々な種類のこんにゃく料理が提供されています。

定番のこんにゃく料理から、こんにゃく寒天を使ったゼリーなど、そのメニューの多さが特徴的でしたよ。

 

メニューは全部15種類ほど。平日の混雑していない日でも10種類程度はありましたよ。

 

 

f:id:naoki0607:20210411144018j:plain

 

 

こちらラーメンにみえますが、麺はこんにゃくとなっていました。

味などはこんにゃく感が残っていましたが、それでも麺に限りなく近い食感となっていましたよ。

 

普通に美味しかったです。

100グラム食べても15Kcalなので、ヘルシーなのも嬉しいですね。

 

 

f:id:naoki0607:20210411144631j:plain

 

 

また、こんにゃく寒天を使ったゼリーなどもありました。

一般的なゼリーと遜色なく、普通に美味しくて低カロリーという嬉しいスイーツですね。

 

 

 

平日の混雑状況は?待ち時間なしで比較的空いていた

 

f:id:naoki0607:20210411140248j:plain

 

 

今回、はじめて平日にこんにゃくパークへ訪れてみましたが、比較的空いていました。

いつも混んでいる無料バイキングのコーナーですら、待ちがなくスムーズに利用することができましたよ。

 

確認したところ、平日の待ち時間はあっても30分程度とのことです。

大抵の平日は混むことがないとのことでした。

 

 

f:id:naoki0607:20210411140833j:plain

 

 

この日は、10組から15組程度のお客さんが無料バイキングを利用していました。

大きい施設なので閑散としている感じがし、日曜日とは違ったこんにゃくパークの雰囲気となっていましたよ。

 

 

 

日曜日は60分以上の待ち時間もあった(※過去談)

 

過去の体験談ですが、日曜日の混雑は凄まじいです。

無料バイキングコーナーは60分以上の待ち時間。お土産、工場見学もお客さんが多くて進めないなんてことも過去にはありました。

 

特に無料バイキングコーナーは、入口の外まで続く行列となっており、その混雑具合に驚いたのを覚えています。

 

これがゴールデンウィーク・お盆休みになると、更に混雑するという噂も・・・

2時間以上の待ち時間も覚悟した方がいいと言われています。

 

日曜日などに訪れる際に参考にしてみてください。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

混雑時におすすめ!無料バイキングを優先で利用できる方法

 

こんにゃくパークでは、無料バイキングを優先的に利用できる方法があるのをご存知でしょうか。

それは、体験コース(有料)に申し込む方法です。

 

体験コースは全部で3種類となっており、体験コース終了後に優先的にバイキングへ案内されます。

体験コースは事前予約が必要ですが、混雑時に訪れる際は是非、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

こんにゃくパーク 基本情報

 

〒370-2202

群馬県甘楽郡甘楽町小幡204−1

 

営業時間:9:00~16:30(バイキング 16:00)

定休日 :基本的に年中無休

入場料 :無料

駐車場 :あり(無料)

公式サイト:たてヨコオいしい こんにゃくパーク|世界遺産富岡製糸場から車で15分

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、群馬県甘楽町にある『こんにゃくパークの無料バイキング』について紹介しました。

 

こんにゃくパーク内でも人気の無料バイキングですが、平日は比較的空いていましたよ。

待ち時間もなく利用できるのは嬉しいですね。

 

平日の場合は待ち時間があっても30分程度とのことでした。

ストレスなくこんにゃくパークへ訪れたいなら、平日がおすすめですよ。

 

あなたも是非、こんにゃくパークへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

おわり

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング