お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

洞窟観音|洞窟内に観音像!?雰囲気や特徴など:群馬県高崎市

f:id:naoki0607:20200929201953j:plain

 

 

約400メートルの歩ける洞窟がある『洞窟観音(群馬県高崎市)』に行ってきました。

 

高崎白衣大観音からほど近い場所にあり、約400メートルの洞窟内を歩ける観光スポットとなっていました。

洞窟内には、さまざまな観音像があり、洞窟の雰囲気とマッチして幻想的な空間が演出されていましたよ。

 

高崎市内でも人気の観光スポットではないでしょうか。

 

今回は、そんな『洞窟観音』について紹介します。

実際に訪れて感じた特徴など、写真付きで紹介しているので、これから訪れたい方は参考にしてみてください。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

洞窟観音とは・・・

 

f:id:naoki0607:20200929203226j:plain

 

 

群馬県の中心地に位置する高崎市にある観光スポットです。

約50年をかけて、人力で掘られた400メートルの洞窟には、さまざまな観音像が安置されていましたよ。

 

洞窟観音の雰囲気や特徴をまとめると、こんな感じでしょうか。

 

洞窟観音 特徴

●群馬県高崎市にある約400メートルの洞窟

●洞窟内には、39体の観音像が安置されているとのこと

●洞窟内は平均17℃。夏は涼しい観光スポットとなっている

●洞窟内は、とても歩きやすかった。

●洞窟観音と併せて、北関東屈指の日本庭園『徳明園』も見学可能

 

洞窟観音ですが、戦時中には高崎市民4千人を収容できる『防空壕』として、価値が認められた場所とのことです。

今も洞窟内には、貯水池や発電室等が残されているみたいですよ。

 

歴史的にも価値のある場所みたいですね。

 

ちなみに、洞窟観音の近くには『高崎白衣大観音』がありますよ。

高さ41メートルを超える観音像は高崎市のシンボルとしても有名なので、併せて訪れてみてはいかがでしょうか。

 

高崎白衣大観音(慈眼院)|春は桜の名所!駐車場、混雑状況など:群馬県高崎市 - 

 

 

 

 

50年の歳月をかけ作られた400メートルの人力洞窟

 

f:id:naoki0607:20200929210143j:plain

 

 

洞窟観音は、約50年の歳月をかけて、人力で掘られたとのことです。

新潟県柏崎市出身の呉服商で財を成した山田徳蔵氏が私財を投じて作ったみたいですよ。

 

つるはしやスコップなど全て人力で掘ったとのこと、正気の沙汰とは思えない強い信念があったのかもしれませんね。

 

さて、そんな洞窟も今ではかなり整備が進んでいました。

U字型で入口と出口が設置され歩きやすくなっており、洞窟内もコンクリート舗装がされていましたよ。

車いすでも安全に観光できるようになっていました。

 

 

 

 

 

洞窟内には『39体』の観音像が安置!神秘的な空間となっていた

 

f:id:naoki0607:20201001194841j:plain

 

 

400メートルの洞窟内には、さまざまな観音像が安置されていました。

洞窟を進むと、至るところに観音像が安置されており、それぞれ違った表現となっており見学するだけでも面白いです。

 

サイトを確認すると、観音像は全部で39体あるとのこと。

大中小さまざまなサイズで安置されていたので、数はもっと多いと感じました。

 

 

f:id:naoki0607:20201001195431j:plain

 

 

上の写真のように、1体の観音像が安置されている場所が多かったです。

観音像のみではなく、波形なども彫られており、かなり精巧な作りとなっていました。

 

小さい観音像も、かなり精巧な作りでしたよ。

 

 

f:id:naoki0607:20201001195755j:plain

 

 

洞窟の終盤に差し掛かると、観音像が一同に安置されていました。

ゲームやアニメなどで、幹部の敵キャラ待ち構えているようなイメージをしてしまいました。

 

洞窟内はライトアップされており、その効果で幻想的な雰囲気が演出されていましたね。

ライトアップが絶妙で神秘的な空間となっていたので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

北関東屈指の広さを誇る日本庭園『徳明園』

 

f:id:naoki0607:20201001200546j:plain

 

 

洞窟観音と隣接しているのが徳明園で、北関東屈指の日本庭園といわれています。

洞窟観音の入場チケットで入ることができ、約6000坪の日本庭園を散策することができますよ。

 

個人的には、金持ちの別荘というイメージが強かったです。

園内には川や滝、面白い像などもありました。散策するだけでも、それなりに楽しむことができますね。

 

また、山田徳蔵氏の生涯を展示する資料館『山徳記念館』も、徳明園の中にありました。

山徳記念館内は写真撮影が禁止されていましたが、山田徳蔵氏の写真などもありましたよ。

 

併せて訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

おすすめスポットを紹介

 

洞窟観音の周辺には、こんなおすすめスポットがありますよ。

お出かけの際の参考にして頂ければ嬉しいです。

 

●モフアニマルカフェ(群馬県高崎市)

高崎駅の目の前にある猫カフェです。

駅ビルの高崎オーパー内にあり、買い物などと併せて訪れることができますよ。

注意事項なども丁寧に教えてくれるため、猫カフェデビューにもおすすめかもしれませんね。

 

↓モフアニマルカフェの記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

 

鼻高展望花の丘(群馬県高崎市)

高崎市を見下ろせる場所にあるコスモスの名所です。

9月中旬から10月頃には、40万本を超えるコスモスが咲き誇りますよ。

嬉しいことに入園料や駐車場料金も掛からないため、気軽に訪れることができるスポットではないでしょうか。

 

↓鼻高展望花の丘の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

 

上毛野はにわの里公園(群馬県高崎市)

歴史の教科書に載っているような前方後円墳が復元された公園です。

古墳内部を見学することもできる、全国的にも珍しい古墳のあるスポットですよ!

 

↓上毛野はにわの里公園の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

洞窟観音 基本情報

 

〒370-0864

群馬県高崎市石原町2857

 

営業時間:・4月1日から12月15日⇒平日 10:00~16:00/土日祝 10:00~17:00

     ・12月16日から3月31日⇒10:00~16:00

定休日 :12月の第3平日/その他 臨時休業あり

入場料 :・4月1日から12月15日⇒大人800円、子供400円

     ・12月16日から3月31日⇒大人600円、子供350円

駐車場 :あり(無料:60台)

公式HP :洞窟観音 徳明園 山徳記念館 公式ホームページ | 群馬県高崎市

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、群馬県高崎市にある『洞窟観音』について紹介しました。

 

約400メートルの洞窟内に、39体の観音像が安置されて観光スポットとなっていました。

人力で掘られた洞窟とのことですが、現在はコンクリート舗装されており、安全でとても歩きやすい洞窟となっていましたよ。

 

また、観音像がライトアップさっれており、神秘的な空間が広がっていました。

 

あなたも是非、洞窟観音へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

おわり

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング