お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

【北海道富良野市】富良野スキー場~転んでも痛くない&安心設計のコース~

こんにちは!!

なおにです。

 

気分を高揚させてくれる北海道旅行

その1日目に訪れたスキー場を紹介します。

 

転んでもあまり痛くない雪質でありながら、

初心者にも優しいコースが多数存在しています。

f:id:naoki0607:20190220214646j:plain

 

今回、訪れたスキー場は、

 

「富良野スキー場」

 

名前に「富良野」の文字があるように、

北海道富良野市にあるスキー場となります。

 

そんな、富良野スキー場の魅力をお伝えします。

 

 

【スポンサーリンク】
   

 

◆富良野スキー場 概要

〒076-8511

北海道富良野市中御料

 

 

営業期間:11月下旬~翌年5月上旬

    ※詳細は、公式HPをご確認ください。

 

営業時間:通常  :8:30~16:30

     ナイター:16:30~19:30

 

リフト料金:1日券(8:30~営業終了)

       おとな:5,700円

       シニア:5,100円

       こども:無料

      ナイター券(16:30~19:30)

       おとな:2,000円

       シニア:1,800円

       こども:無料

      ※初すべり期間や春スキーで料金変動あり

      ※その他、3時間券や5時間券の販売あり

      ※リフト券購入時にキーカードの保証のため、500円を預かります。

 

コース数:全23コース

     (初級:40%、中級:40%、上級:20%)

 

駐車場:あり(無料)

    ※台数は多く停められます。

    ※積雪&路面凍結は普通にあります。

 

www2.princehotels.co.jp

 

 

ここでの最大の特徴は、リフト券の料金

おとなで6,000円近くはかなり強気の料金設定だと思います。

 

また、40%以上が緩やかな初級者コースとなっており、幅広いコースと緩やかな斜面が多く、初心者には優しいコース設計になっています。

 

   f:id:naoki0607:20190220214725j:plain

  

◆富良野スキー場 アクセス

●自動車の場合

・札幌から 道央自動車道 ⇒ 道道美唄富良野線 経由 114km

・旭川から 国道237号線 60km

・帯広から 国道38号線 116km

 

●電車の場合

・JR札幌 滝川⇒ JR富良野駅 2時間

・JR旭川 ⇒JR富良野駅 1時間

・JR帯広 ⇒JR富良野駅 2時間30分

 

JR富良野駅から5km、タクシーで約10分

 

●飛行機の場合

・旭川空港 約45km

・新千歳空港 約137km

 

※新千歳空港からは富良野スキー場行きのバス「ラベンダー号」も運行しています。

 

僕たちのような旅行者が富良野スキー場を訪れる場合は、飛行機を利用するケースが多いと思います。

 

旭川空港から45kmという数字だけを見れば近いように感じますが、

道路は雪だらけの道を45kmです。

 

   f:id:naoki0607:20190220214902j:plain

 

距離以上に精神的につかれる部分も多くあるため、ゆとりある安全運転、必要に応じてバスの利用などを心がけましょう!

 

◆富良野市は極寒!?

氷点下が当たり前の北海道ですが、

富良野市は特に寒い地帯なのはご存知でしょうか!?

 

富良野市は

「特別豪雪地帯」に指定されています。

 

冬に大量の積雪がある地域となっており、

気温も-20℃前後を記録し、ダイヤモンドダストも観測することもあります。

 

サラサラのパウダースノーと引き換えに

過酷な環境となっています。(笑)

 

   f:id:naoki0607:20190220215024j:plain

 

雪質が最高な理由がよくわかりましたね!(笑)

 

【スポンサーリンク】
   

 

 

◆富良野スキー場 数々の魅力

実際に富良野スキー場に行ってきた感想を含めて、魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

   f:id:naoki0607:20190220215228j:plain

 

①ロープウェイとゴンドラで楽々移動

極寒の北海道、リフト乗車中は寒さで震えること間違いなしです。

そんな寒さを和らげてくれるのが、ロープウェイとゴンドラです。

 

富良野スキー場には、ロープウェイとゴンドラが1つずつ配置されており、頂上まで楽々と移動することができます。

 

②コース幅が広い&緩斜面が多い

初心者には優しいコースの幅が広く設計されています。

自由に滑れない初心者でも、周りを気にせずに思いっきり楽しめることできます。

 

また、ほどよい緩斜面が多く

練習をするのにうれしい環境となっていますよ。

 

③終わらないパウダー

北海道特有の軽いパウダーを滑りたい

そんな人は多いと思います。

 

富良野スキー場は、積雪が豊富のため、

雪が降っていいると無限パウダーです。

 

何度でも飽きるまでパウダーを滑れるのは非常にうれしいですよね。

 

◆正直な感想

初めての富良野スキー場ですが、特に印象に残っていることは、

リフト料金の高さです。

 

6,000円は高すぎですよね。

 

北海道という特別な環境ではないと、なかなか出せない金額です。

 

ただ、高いリフト料金に、見合った楽しさはありました。

 

ふかふかのパウダー

木の間を滑れるツリーランコース

 

   f:id:naoki0607:20190220215109j:plain

 

安全設計のスキー場のため、

優しいコースが多く想像以上に楽しめました。

 

寒い地域ということで覚悟をしていましたが、

寒さを忘れるくらい楽しかったです。

 

また行きたい!

むしろ、北海道に移住したいと思うくらいの大満足でした。

 

◆まとめ

今回は富良野スキー場を紹介しました。

   f:id:naoki0607:20190220215200j:plain

 

 

優しい斜面が多いのと、ふかふかの柔らかい雪で転んでも痛くない

初心者には最適なスキー場ではないでしょうか。

 

また、ツリーランやパークなども常備されており、

初心者のみならず対応している点にも感銘を受けました。

 

ボードが止まってしまうような平らなところは

ほとんどなかった点もうれしいポイントのひとつです。

 

北海道旅行でスノーボードをする際、

候補のゲレンデのひとつにしてみてはいかがでしょうか。

 

おわり

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

【スポンサーリンク】