お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

いちごは体に良い食べ物!?成分と危険を調べてみた

こんにちは!

なおにです。

 

先日のいちご狩りで、いちごに興味津々になりました。

いちごの成分や栄養をしらべてみました。(笑)

 

 

いちごって、体に良い食べ物みたいですよ!(笑) 

f:id:naoki0607:20190211220503j:plain

 

僕が調べたいちごの成分や栄養、特徴をまとめてみました。

 

 

【スポンサーリンク】
   

 

◆いちごとは?

バラ科の多年草(複数年、生存する植物)

食べられる赤い箇所は、花托(植物の器官のひとつ)と呼ばれているそうです。

 

要するに

複数年生きる植物&甘い部分が植物の器官

f:id:naoki0607:20190212213125j:plain

 

なぜ、自分の器官を甘くしたのかは謎ですが、食べる側にはうれしい植物ですね。

 

旬な時期は、2月の中旬ごろであり、今の時期が食べごろでもあります。

 

甘い甘いいちごで体に悪そうなイメージですが、

カロリーも100gで35キロカロリーほどで思いのほかヘルシーです。

 

 

 

◆いちごの成分は??

一般的ないちごは、約90%以上が水分です。

残りの内訳は糖質が約10%で、タンパク質・繊維が1%未満となっています。

 

また、いちごの特徴としては

「ビタミンC」「キシリトール」が多く含まれています。

 

ビタミンC不足は怪我が治りにくくなりなど、体になくてはならない存在

キシリトールは虫歯予防などで良く耳にします。

 

体に重要な成分が多く含まれている

いちごは体に良い食べ物といえるでしょう!!

 

f:id:naoki0607:20190212213331p:plain

 

 

【スポンサーリンク】
   

 

◆ビタミンCが超豊富!

怪我の治りが遅くなる。風邪をひきづらくする。

などの効果を持っていいるビタミンCですが、

人の体内では作ることができない成分ってご存知でしたか?

 

f:id:naoki0607:20190212213716j:plain

 

 

基本的にな摂取方法は、

ビタミンCを含んでいる食べ物を摂取すること

 

いちごは美味しく、ビタミンCを摂取することができます。

ビタミンCの量は、ミカンの約2倍

 

果実の中では、トップレベルのビタミンC量です。

5~6粒ほどのいちごで、その日のビタミンCの必要量を補えるほどです。

 

風邪をひきやすいと感じた場合、ビタミンC不足の可能性もありますので

いちごを食べてみてはいかがでしょうか?

 

◆虫歯にも強い!?キシリトール配合

いちごには、キシリトールが豊富に含まれています。

キシリトールと聞くと、歯に優しい成分と思いますよね。

 

キシリトールは虫歯の原因となる「ミュータンス菌」に

とても強く虫歯予防に繋がります。

 

いちごを食べた後に歯磨き!!

この2つで虫歯ゼロにしていきましょう。

f:id:naoki0607:20190212213830p:plain

 

 

◆食べすぎに注意!危険もある

食べ物には、当たり前ですが適量があります。

いちごも例外ではなく、食べすぎに注意が必要です。

 

最大の危険は、下痢の誘発

 

普段からお腹がゆるゆるの僕には致命傷ですね。

f:id:naoki0607:20190212214007p:plain

 

 

下痢を誘発する理由は、

先ほど紹介した「キシリトール」が多く含まれているから

 

キシリトール配合のガムの注意書きをよく見ると、

「お腹が緩くなる可能性あり」の表記があります。

 

キシリトールが多く含まれているいちご

ほどほどの量にしておいたほうがよさそうですね。

 

ちなみにいつもお腹がゆるゆるな僕は、下痢止めを持参しています。

効果のほどはいまいちですが、心のゆとりには繋がります。

 

 

◆まとめ

今回は、いちごの成分と危険性を調べてみました。

 

ビタミンC&キシリトールが多い果物であり、体に良い食べ物で安心しました。

 

ただ、下痢を誘発する可能性があるのは嫌ですね。。。

何事も適量が大事ということがわかりました。

 

これからも気兼ねなく、いちご狩りに行けそうです。(笑)

 

ちなみに前回行ったいちご狩りの感想です。

良かったら読んでみてください!

www.gnm-ukiuki.net

 

おわり

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

【スポンサーリンク】