お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

大滝乃湯(草津温泉)|温泉街からも近い!おすすめの日帰り入浴施設:群馬県草津町

 

f:id:naoki0607:20191115210013j:plain

 

 

日本を代表する名湯のひとつである草津温泉。

群馬県屈指の観光地である草津温泉で、ふらっと気軽に入浴できる『大滝乃湯(群馬県草津町)』に行ってきました。

 

草津温泉の源泉の中でも「美人の湯」として名高い煮川源泉を使用しており、泉質には自信のある源泉かけ流し100%の日帰り温泉施設となっています。

 

草津温泉には『大滝乃湯』『御座之湯』『西の河原露天風呂』の3つの大きな日帰り温泉があります。

その中でも大滝乃湯は、内湯・露天風呂・サウナ・休憩所などが揃っているため、とてもおすすめできる日帰り温泉となっていますよ。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

大滝乃湯とは・・・

 

f:id:naoki0607:20191115212450j:plain

 

群馬県の北西部に位置する草津町。

豊富な湯量と5寸釘をも溶かす酸性の温泉が魅力の草津温泉がある地域です。

 

そんな草津温泉の中心地付近にあるのが、大滝乃湯です。

草津温泉の源泉そのままで気軽に訪れることができる日帰り温泉となっており、駐車場も完備され、とても訪れやすくなっています。

 

大滝乃湯には、大浴場(うたせ湯)・露天風呂・合わせ湯・貸切風呂などが揃っており、ゆったりとくつろぐことができます。

 

無色透明の煮川源泉を使用していますが、月に2回(第2・第4土曜日)は、湯の花を掃除するため、『白濁の湯』の日となっているそうです。

 

普段とは違う白く濁った温泉も面白そうですね。

 

 

ちなみに日本で1番標高の高い動物園の『草津熱帯圏』の真下に位置しているため、草津熱帯圏の後に立ち寄るのも良いかもしれませんよ!

 

 

www.gnm-ukiuki.net

 

 

 

大滝乃湯の魅力とは・・・

 

f:id:naoki0607:20191115215331j:plain

 

 

大滝乃湯の魅力は、草津温泉を気軽に楽しめるに尽きると思います。

気軽にふらっと草津を観光したい、気軽に温泉に入浴したい、そんな時に重宝するのが大滝乃湯となっています。

 

源泉かけ流しの温泉や駐車場を完備しているなど、気軽に楽しめる魅力をひとつずつご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

草津の名湯をふんだんに使用したお風呂

 

f:id:naoki0607:20191115220837j:plain

(参考:大滝乃湯公式HP)

 

 

「美人の湯」として名高い煮川源泉を、湯舟から溢れるまで入れています。

恋の病以外、効かぬ病はないといわれている大滝乃湯、泉質は『酸性硫黄泉』で神経痛や関節痛、美肌などの効能があるといわれています。

 

特に美肌は効果をすぐに感じることができるほど、入浴後にはお肌がすべすべになっていました。

 

 

 

f:id:naoki0607:20191115222712j:plain

(参考:大滝乃湯公式HP

 

また大滝乃湯では、大浴場と露天風呂以外にも『合わせ湯』というお風呂があります。

 

草津に古くから伝わる合わせ湯は、自然冷却を行い適温になるよう源泉が浴槽を巡っていきます。

そのため、合わせ湯にはいくつもの浴槽がありました。

 

温泉の成分を水で薄めないため、豊かな成分を存分に浴びることができとあって人気がとてもありました。

まずは、ぬるい温泉から入り体を慣らしていくとのことですが、浴槽の狭さもありなかなか入ることができませんでした。

 

混雑時の合わせ湯は時間が掛かってしまいそうなので、注意が必要かもしれませんね。

 

人気が高くリピーターも多い合わせ湯を是非、体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

混雑時でも安心!広い『大浴場』と『露天風呂』

  

f:id:naoki0607:20191115224920j:plain

(参考:大滝乃湯公式HP

 

多くの人に愛されている草津温泉。

その温泉を気軽に楽しめる大滝乃湯は正直、混雑することも多いです。

 

秋の紅葉の時季などは、駐車場が満車で入れない。

なんてこともあるほど、多くのお客さんで賑わいをみせています。

 

大滝乃湯は多くのお客さんにも対応できるほど、広い大浴場と露天風呂を完備しています。

 

実際に駐車場がいっぱいの時でも、温泉にはゆったり入浴することができました。

 

 

 

 

日帰り入浴対応の駐車場を完備

 

f:id:naoki0607:20191115230435j:plain

 

 

大滝乃湯は日帰り観光客向けの無料駐車場を完備しています。

湯畑側とダム水質管理所側の2か所あり、合計で100台停めることができるようになっています。

 

どちらの駐車場も停めにくいなどはなく、大滝乃湯からも近いためお好みでの駐車で問題ないと思います。

 

ただ、大滝乃湯へ訪れる際は、観光客で混雑している湯畑を通らないよう『ベルツ通り』側から駐車場へアクセスすることをおすすめします。

 

夜間には閉鎖されてしまいますので、車中泊には対応していませんので注意してください。

 

ちなみに、ダム水質管理所側には小さな川があります。

その川自体が温泉となっており、石灰水で中性にしている光景をみることができますよ。

 

日本では恐らく草津町だけの光景のため、お散歩がてら見学してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

草津町をお散歩する場合は、防寒対策をしっかりすることをおすすめします。

秋の紅葉時でもコートが必要なんてことを感じることもありました。

 

草津町は標高1,000メートル超えとなっており、冬は雪も降る地域となっています。

夏場はエアコンなしでも涼しい避暑地ですが、冬場はとても寒いです。

 

秋だから大丈夫ではなく、防寒対策を万全にしていきましょう!

マフラーやネックウォーマーなどが、ひとつあるだけでも全然違いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

入浴料や定休日・アクセス方法など

 

 大滝乃湯の入浴料や定休日などの基本情報をご紹介します。

 

 

 

入浴料

大滝乃湯は入浴料が必要となります。

大人(900円)と子供(400円)というシンプルな入浴料となっており、営業時間内(9:00~21:00)であれば時間無制限でいることができます。

 

ただし、再入場することはできないので注意してください。

 

草津温泉にある『大滝乃湯』『御座之湯』『西の河原露天風呂』の3つ日帰り温泉の中では大滝乃湯が1番高い入浴料となっています。

 

その分、設備が整っているので文句はありませんが、少しでも料金を抑えたいところですよね?

 

大滝乃湯をはじめ草津温泉周辺施設の『共通割引券』なるものがありますよ!

100円程度の微々たる金額ですが、お安くなります。

 

共通割引券は、草津温泉の至るところにありますので、よければ利用してみてください。

ちなみに、僕が訪れた時はダム水質管理所側の一角にありましたよ。

 

 

 

 

定休日

大滝乃湯の定休日ですが、特に定休日の設定はしていないみたいです。

 

大滝乃湯公式HPにも記載がなく、曖昧な部分が残りますが定休日を気にして訪れたことはありませんでした。

 

もし不安な方は大滝乃湯(0279-88-2600)に問い合わせをすることをおすすめします。

 

 

 

 

アクセス方法

 

大滝乃湯へは『自動車』と『電車・バス』の2通りの方法で行くことができます。

100台駐車可能な無料駐車場を完備しているため、自動車でも訪れやすくなっていましたよ。

 

 

●自動車の場合

・関越自動車道 渋川伊香保ICから約90分(約60km)

※ナビへの設定は『大滝乃湯』または『群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13 』

 

●電車の場合

・JR吾妻線『長野原草津口駅』⇒バス(乗:長野原草津口駅 降:草津温泉)⇒徒歩(10分)

 

※バスの時刻表はこちら

 

 

 

 

おすすめスポットをご紹介!

大滝乃湯周辺には、こんなおすすめスポットがありますよ。

お出かけの際の参考にして頂ければ嬉しいです。

  

●尻焼温泉(秘湯の温泉)

草津町のお隣である中之条町にある温泉です。

川から温泉が湧き出しており、川がそのまま露天風呂となってます。

 

秘湯ともいわれ、山奥にあるため自然を感じながら温泉を楽しむことができますよ。

ちなみに混浴となっていますので、水着などの着用をおすすめします。

 

↓尻焼き温泉の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

 

 

●沼田市周辺の日帰り温泉施設

群馬県の北部に位置する沼田市には、多くの日帰り温泉施設があるのをご存知ですか?

源泉かけ流しや絶景の露天風呂など、魅力の詰まった温泉となっています。

 

そんな、日帰り温泉施設をまとめてみました。

1,000円未満で入浴できるとあって、気軽に立ち寄ることができますよ。

 

↓沼田市周辺の日帰り温泉施設

www.gnm-ukiuki.net

 

 

●鬼押出し園

浅間山の溶岩が冷えて固まった、黒いゴツゴツの岩で一帯が覆われています。まさに地獄といった雰囲気です。

天気の良い日は群馬県・長野県・栃木県の山々を一望でき、少し変わった光るコケなども見ることができますよ。

 

↓鬼押出し園の記事はこちら

www.gnm-ukiuki.net

 

 

 

 

大滝乃湯 基本情報

〒377-1711

群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13

 

営業時間:9:00~21:00(最終入館20:00まで)

定休日 :なし(年中無休)

料 金 :大人900円 子供400円

駐車場 :あり(無料100台)

公式HP  :-草津温泉-大滝乃湯|トップ

アクセス:

 ●自動車の場合

・関越自動車道 渋川伊香保ICから約90分(約60km)

 

●電車の場合

・JR吾妻線『長野原草津口駅』⇒バス(乗:長野原草津口駅 降:草津温泉)⇒徒歩(10分)

 

 

 

 

まとめ

今回は群馬県草津町にある『大滝乃湯』を紹介しました。

 

草津温泉の名湯そのままの日帰り温泉となっている大滝乃湯は、気軽に訪れやすい施設となっており日帰り観光客におすすめです。

 

駐車場が混雑していても、広いお風呂となっているためゆったりと入浴することができますよ!

 

また、草津温泉の中心地である湯畑からも近いため、併せて訪れるのも良いかもしれませんね。

 

是非、大滝乃湯へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング