お出かけは良いですよ!

~主に彼女とお出かけしたスポットをご紹介~

【栃木県日光市】とりっくあーとぴあ日光~雨や寒い日でも楽しめる施設~

こんにちは!!

なおにです。

 

少し前に栃木県那須町のトリックアートをご紹介しましたが、

栃木県にはもう一つトリックアートの施設があります。

 

www.gnm-ukiuki.net

 

 

栃木県日光市にある

 

とりっくあーとぴあ日光

 

彼女がトリックアートにはまったきっかけの

施設を今回ご紹介させていただきます。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

 

 

◆とりっくあーとぴあ日光 概要

〒321-2525

栃木県日光市小佐越1-4

 

trickart-pia.com

 

開館時間:9:30~17:00

     (夏季期間:9:00~17:30)

 

定休日 :基本的になし

     ※臨時休業があります。

                     HPを確認して下さい。

 

料 金 :●美術館券(トリックアートのみ)

      おとな(中学生以上):1,900円

      小人(小学生まで) :1,100円

 

     ●セット券(トリックアート+ホログラフィー館)

      おとな(中学生以上):2,200円

      小人(小学生まで) :1,400円

 

駐車場 :あり(無料)

 

 

館内全てが屋内施設のため、

雨の日や寒い日などに嬉しい観光スポットとなります。

 

特に冬の日光は、冷え込みが厳しいため

暖かい施設で普段とは違う目の錯覚を楽しめるのは良い思い出になりますよ!!

 

 

◆交通アクセス&混雑状況

●自動車の場合

 東北自動車道方面

 宇都宮IC⇒日光宇都宮有料道路⇒今市IC下車

 ⇒国道121号線 鬼怒川方面 20分

 

 日光方面

 国道119号線(日光街道)⇒春日町交差点左折

 ⇒国道121号線 鬼怒川方面 20分

 

●電車の場合

 東武線 特急スペーシア

 鬼怒川温泉駅 下車 ⇒バス または タクシー

 

 

 

 

 

日光東照宮をはじめ、数々の観光名所

近くには鬼怒川温泉

 

混雑必須のスポットかと思うでしょうが、

穴場のスポットで混雑はほぼなしです。

 

良い感じに観光地が分散しているんでしょうね。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

◆とりっくあーとぴあ日光 感想

人間の目の錯覚を利用して「立体的に見える絵画」や

「見る角度により印象が変わる絵画」など不思議な体験をできる施設

 

混雑で絵が見れないと意味がないと思っていましたが、

混雑なしのストレスフリー(笑)

 

 

写真撮影が下手くそな僕と彼女ですが、

撮り直しができるくらい空いていました。

 

また、館内にはスタッフがうろうろしているので、

 

楽しみ方がわからない時の説明や

写真撮影をしてくれます。

 

(那須同様にありがたいです。)

 

 

館内の様子はこんな感じ

f:id:naoki0607:20181129210703j:plain

 

最初にみんなで作品の楽しみ方をスタッフより、説明してくれます。

 

f:id:naoki0607:20181129210831j:plain

 

f:id:naoki0607:20181129210851j:plain

 

f:id:naoki0607:20181129210922j:plain

 

これがすべて絵だとはビックリですよね。

 

館内自体、寒い時期にはうれしいくらい暖房が効いていました。

 

絵画を適切に保つためなのか、サービス精神旺盛なのかはわかりませんが、

乾燥のし過ぎもなく館内はかなり快適でした。

 

 

トリックアート館とセット券で販売されている

ホログラフィー館

 

こんな感じのホログラムの写真が展示されています。

 

f:id:naoki0607:20181129211038j:plain

 

とても綺麗ですが、

正直、トリックアートでお腹いっぱい

 

300円程度なので行ってもいいとは思いますが、

トリックアート館だけども充分に楽しめる施設です。

 

 

◆まとめ

今回、彼女とはじめて行ったトリックアート

「とりっくあーとぴあ日光」をご紹介させていただきました。

 

とりっくあーとぴあ日光の特徴として、

●駐車場が停めやすい

●館内が快適(雨の日や寒い日に良い)

●カップルにも子供連れに最適(はしゃげます)

●ホログラフィー館はお好みで大丈夫

 

近くには日光江戸村などの観光地もあるため、

日光を観光する際は、寄ってみてはいかがでしょうか!?

 

おわり

 

 

【スポンサーリンク】