お出かけは良いですよ!

~主に彼女とお出かけしたスポットをご紹介~

【群馬県みどり市】岩宿遺跡!旧石器時代の遺跡を見に行ってきた感想

こんにちは!!

なおにです。

 

群馬県は古墳をはじめ、遺跡大国というのを

最近知ったため、遺跡にはまってしまいました。

 

古墳とか土器とか遺跡とか

心をくすぶりますよね。(笑)

 

今回は、群馬県みどり市にある

 

 岩宿遺跡

 

を散策してきました。

 

この岩宿遺跡

実は物凄い遺跡で、

歴史を変えた経歴があります!

 

そんな岩宿遺跡&博物館に行ってきた感想をお伝えします。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

◆岩宿遺跡とは

 

群馬県みどり市にある旧石器時代の遺跡であり、

1946年に地元の考古学者の相沢忠洋によって発見されました。

 

この遺跡の発見で、

土器時代以前の日本列島に

人類は居住していなかった

定説を覆しました。

 

日本にも旧石器時代が存在したことを証明しました

 

現在も国指定の史跡となっています。

 

歴史的な発見が群馬県で起こっていたなんて初耳でした。

歴史の教科書にも載っているのかな?

 

名前は聞いたことがあったのですが、

教科書に載っていたかは昔のこと過ぎて。。。

 

 

◆岩宿博物館

岩宿遺跡の隣に建っています「岩宿博物館」

旧跡時代の資料や出土品などが展示されています。

また、広場内は芝生が広がっており散歩にも最適です。

 

f:id:naoki0607:20181126220746j:plain

 

たくさんの遊具もあったので、家族連れにも嬉しい

施設となっています。

 

f:id:naoki0607:20181126220809j:plain

 

〒379-2311

群馬県みどり市笠懸町阿左美1790-1

 

開館時間:9:30~17:00(最終 16:30)

 

休館日 :毎週月曜

     年末年始(12/28-1/4)

 

料 金 :一般  :300円

     高校生 :200円

     小中学生:100円

 

駐車場:あり(無料)

 

岩宿博物館HP:

岩宿遺跡 │みどり市 岩宿博物館

 

 

◆岩宿遺跡 アクセス&混雑状況

 

岩宿博物館前に大きな駐車場があります。

100台は停められるであろう無料の駐車場、

駐車場に困る心配はなさそうです。

 

また、この日は3連休の最終日でしたが

混雑は全くなし

 

ストレスフリーで見学することが可能です。

 

ただ、広場の遊具は子供たちで溢れかえっていました。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

◆岩宿遺跡&博物館 感想

 

●岩宿博物館

駐車場から最も近かったため、最初に訪れました。

 

博物館内は本当に人がいるのか!?

くらいしか人がいませんでした。

 

唯一の撮影可能スポット

マンモスのレプリカ骨格

 

f:id:naoki0607:20181126220246j:plain

 

f:id:naoki0607:20181126220305j:plain

 

レプリカながらなかなかの迫力がありました。

 

その他にも旧石器の出土品やその時代の資料など

歴史の学習をさせていただきました。

 

少しは教養が身に着いたと思います。(笑)

 

子ども自由研究などには最適かなと思いました。

 

●岩宿遺跡

博物館から徒歩5分くらい

趣のある道をあるいていきます。

 

f:id:naoki0607:20181126220416j:plain

 

 

 

A地点(最初の発掘調査地点)

 

f:id:naoki0607:20181126220454j:plain

 

 

もはや山(笑)

それしか感想がでませんでした。

 

看板が立っていないと

見逃してしまうほど何も特徴はありません。

 

 

B地点(岩宿ドーム)

f:id:naoki0607:20181126220547j:plain

 

スタンプと歴史のビデオが上映されていました。

 

彼女はスタンプにウキウキしていましたが、

なんの特徴もない

 

それが正直な感想です。

 

歴史を感じるなら、

博物館のみでもよいのかなと思いました。

 

◆まとめ

今回は約1時間くらいで

「岩宿博物館」と「岩宿遺跡」を見学してみした。

 

岩宿遺跡は、本当に林の中の一角にあるイメージなので

群馬県に観光に行く際は、なにかのついで感覚だと

がっかりしないで済むと思います。

 

歴史が動いた場所

 

東京からも比較的近い場所にあるため

是非一度は訪れてみてください。

 

おわり

 

 

 

【スポンサーリンク】