お出かけは良いですよ!

〜群馬を中心にお出かけスポットをご紹介〜

【栃木県宇都宮市】子どもにもカップルにもおススメ!大谷資料館の見所をご紹介

こんにちは!!

なおにです。

 

先日、栃木県宇都宮市大谷町に遊びに行ってきました。

 

群馬県からは、高速で2時間くらい

 

なかなかの道のりですが、彼女と楽しく

お話しながら行ってきました。

 

今回のお目当ては、

 

「大谷資料館」

 

映画やPVなどにも利用されていることが多いため、

子どもにもカップルにもおススメの観光地となります。

 

壮大な地下遺跡のような観光地の情報をご紹介します。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

◆大谷資料館

石の里「大谷」 大谷石に育まれて発展した大谷

大谷石採掘の姿を手掘り時代と機械化になった

採石の道具を展示しています。

 

〒321-0345

 栃木県宇都宮市大谷町909

 

 開館時間:4月~11月

       9:00~17:00(最終:16:30)

      12月~3月

       9:30~16:30(最終:16:00)

 

 休館日 :12月~3月 毎週火曜日

      年末年始

 

 入館料:おとな:800円 小人:400円

 

 所要時間:40分~50分

 

 駐車場:あり(無料)

     ※土日祝は非常に混雑しています。

 

"f:id:naoki0607:20181010224810j:plain

 

◆大谷石地下採掘場跡

広さは、約2万平方メートル(140m×150m)、

深さは平均30mあります。

 

もっとも深いところは60mにもなり、

野球場が収まるサイズです。

 

壁面には、ツルハシで削った跡があり、

歴史を感じさせます。

 

坑内の平均温度は8℃で、最高でも13℃となっており、

天然の巨大な冷蔵庫という感じがします。

 

個人的には、エジプトのピラミッドの内部や

巨大遺跡を彷彿とさせる坑内となっています。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

大谷石地下採掘場跡 潜入と感想

所要時間 40分の坑内へ潜入をしてみました。

 

入り口はこんな感じ

"f:id:naoki0607:20181010224850j:plain

 

この日の気温は、30℃超えで、

真夏日とまではいきませんが暑かったです。

 

半そでが丁度良い陽気でしたが、

坑内に入るとビックリ!!

 

涼しいどころか寒いくらいでした。

この日の坑内の温度は、約13℃

 

"f:id:naoki0607:20181010224928j:plain

 

 

坑内の最高気温とのことですが、

気温差17℃

 

寒暖の差が激しすぎで、採掘場跡への潜入の

洗礼を受けました。(笑)

 

中はこんな感じです。

 

"f:id:naoki0607:20181010225005j:plain/

"f:id:naoki0607:20181010225042j:plain

 

ひ、広い。。。

 

想像以上の広さでビックリです。

ここでかくれんぼをしたら、見つからない自信を

持てるくらい広いです。

 

また、非日常てきな空間のため、

車の展示などにも使われているとのこと。

 

お洒落に疎い僕でも、かっこよく思えました。

 

 

坑内はそこそこの混み具合でした。

 

特に入り口の階段は狭く、降りるのに

若干の息苦しさを感じましたね。

 

"f:id:naoki0607:20181010225118j:plain

 

 

階段を降りてしまえば

混雑を感じるほどの窮屈は感じませんでした。

広さが解決してくれます。

むしろ、人がいての安心感があるくらいです。

 

 

◆大谷資料館 アクセスと駐車場

 ●交通の案内

  JR宇都宮駅から関東バスで30分

  東北自動車道 鹿沼ICから車で20分(13km)

  東北自動車道 宇都宮ICから車で12分

 

 ●駐車場

  第一:バス2台 高齢者・身障者:25台

  第二:普通車 :200台

  第三:普通車:30台

  第四:普通車:70台

 

※駐車場について

 約300台停められる駐車場ですが、

 駐車場付近はかなりの渋滞があります。

 

 個人的におススメする駐車場は、大谷資料館より500m手前にある

 「市営駐車場(無料)」です。

 

 こちらはさほど混雑することもなく、

 比較的スムーズに駐車することができます。

 

 また、市営駐車場の近くには

 「大谷観音・平和観音」があります。

 

 大谷観音は重要文化財にも指定されているため、

 見学して損はありませんよ!!

 

◆まとめ

採掘場跡という名前だけを聞けば、

なかなかマニアックな観光地に思われるかもしれません。

 

しかし、想像以上の楽しさがあり、

多くの芸能人が撮影に訪れているため

名前以上の楽しさがここにあります。

 

坑内にトイレがない辛さはありますが、

充実した観光ができました。

 

あなたも是非一度、訪れてみてください。

 

 

"f:id:naoki0607:20181010225732j:plain

 

おわり

 

 

 

【スポンサーリンク】