お出かけは良いですよ!

〜彼女とのお出かけスポットなどを紹介〜

【栃木県日光市】迫力満点!!日光 華厳の滝

こんにちは!!

なおにです。

 

台風24号が過ぎ去り、晴れ間が多い日々が続いていますね。

 

肌寒い日と汗ばむ陽気が交互にくるため、

体調を崩しがちになりますね。

 

ふと、ネットニュースを見てみると

「日光・華厳の滝:水量55倍」の文字が目に入りました。

 

台風24号の影響で水量が増した影響とのことです。

 

確かに僕が在住している群馬県でも

暴風・暴雨が凄まじく家が壊れるのでは?

とそわそわしていました。

 

会社が休みになるのを期待していますが、

いつも叶わぬ夢となっています。

 

この「華厳の滝」ですが、

実は行ったことがあります。

 

なかなかの迫力がある滝なので、

この滝の魅力をご紹介したいと思います。

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

◆華厳の滝(けごんのたき) 概要

 〒321-1661

  栃木県日光市中宮祠2479-2

 

 営業時間:3月~11月:8:00~17:00

                     12月~2月:9:00~16:30

      ※季節・気象状況で変動の可能性あり

 

 料 金 :大人:550円 小学生:330円

 

 駐車場 :あり(有料:310円)

      ※ゆったりとして停めやすい駐車場です。

      ※日光宇都宮道路からでは、右側に見えます。

      ※華厳の滝からは徒歩数分圏内で険しい道はないです。

 

華厳の滝HP:

http://www.kegon.jp/

 

◆華厳の滝 オススメルート

あの「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な

日光東照宮を観光した後に訪れるのがおすすめです。

 

日光東照宮から華厳の滝へ行くルートは

基本的には一つしかありません。

 

それは、「第二いろは坂」

 

助手席に乗っていたら酔うこと間違いなしですが、

曲がりくねった道を抜けると絶景となります。

 

◆華厳の滝 アクセス&駐車場情報

 

この「第二いろは坂」を使う場合、

華厳の滝への駐車場は、右側に存在します。

 

滝周辺は、お店などがあるため混雑しているおり

入りづらい場合がありますが駐車場までは入れれば

ゆったりと駐車することができます。

 

駐車場は「第一駐車場」、「第二駐車場」があり、

第一駐車場の100mくらい先に第二駐車場があります。

 

どちらも駐車場からは徒歩数分で、華厳の滝への入り口の

エレベーターへたどり着くことが可能です。

 

エレベーター付近の売店にある、

餃子コロッケを食べてみてください。

 

◆華厳の滝 感想

 

上からでもなかなかの景色となっていますが、

僕は断然、下から見るのをおすすめします。

 

上からの景色はこんな感じ

 

"f:id:naoki0607:20181002225232j:plain

 

 

下からはこんな感じ

 

"f:id:naoki0607:20181002225302j:plain

 

滝の迫力が違います。

水しぶき、蠢く音など臨場感を味わうことができ、

撮影スポットもあります。

 

是非、有料の力を駆使して

良い写真を撮ってください。

 

ちなに僕はこれが限界でした。(笑)

"f:id:naoki0607:20181002225347j:plain

 

 

夢のない話になってしまいますが、

この華厳の滝は水量をコントロールできるように

なっているみたいです。

 

なので、台風時の水量55倍も

湖の水量調節のために放水したみたいですね。

 

もはや、ダムみたいですね。(笑)

 

ただ、水量55倍は、かなりの迫力があったと思います。

 

うらやましい限りです。

 

 

◆華厳の滝 混雑状況

 紅葉シーズンは非常に混雑が予想されます。

 第二いろは坂が渋滞で進まないこともあるほど、

 混雑が予想されます。

 

 せっかくの観光が渋滞で嫌にならないように、

 華厳の滝目当ての場合は紅葉シーズンを避けたほうが

 無難です。

 

 紅葉も素敵なため、紅葉と併せて楽しみたい場合は、

 公共機関の利用または、早めの出発を覚悟しましょう。

 

 実は、僕は前職はこの地域を担当とした営業職を

 していました。

 紅葉シーズンは、平日でもかなりの渋滞であり

 また、迂回ルートもないためかなり時間に影響がありました。

 それほど紅葉シーズンは魅力的ということになりますが、

 覚悟だけはしてください。

 

日光周辺は、観光地がたくさんあるため

何度行っても違う景色を見ることができます。

 

また、楽しみ方も様々で、カップル・夫婦など

各々の楽しみ方ができますよ。

 

東京からでも日帰りで楽しめるので、

是非、遊びにいってみてはいかがでしょうか。

 

おわり

 

 

【スポンサーリンク】