お出かけは良いですよ!

~主に彼女とお出かけしたスポットをご紹介~

【福島県田村市】避暑地に最適!狭い狭いあぶくま洞

こんにちは!!

なおにです。

 

最近は仕事は地味に忙しいです。

 

僕は群馬の会社で人事をしておりまして、

年末に向かうこの時期は、冬季賞与や年末調整、

ストレスチェック、健康診断などやることが盛りだくさんです。

 

毎日、地味にため息をつき、地味に辞めたいと

そう思う日々を過ごしています。

(この時期だけではありませんが、、、(笑))

 

今回も夏休みの8月に行った福島ネタです。

いわき市の海沿いから離れて、内陸の田村市というところに行きました。

 

いわき市からは、

車で1時間ちょっとのドライブとなります。

 

お盆休みの時期でも、渋滞は少なく、

緑も多いため、ドライブするには最適なコースです。

 

 

コンビニはありません。

 

ビックリするほどなかったです。

飲み物など事前に準備をしておけば、

スマートな男性を演じられますね。(笑)

 

飲み物などは、事前に準備しておきましょう!!

 

この田村市には、「あぶくま洞」という、

個人的に激熱ワードの洞窟となります。

 

会社の同僚より、

激狭で探検できる洞窟との情報をこっそり聞いていたため、

福島を訪れた際には行ってみたい観光地でした。

 

ほら、男性陣は洞窟とかロマン感じますよね?

化石と同じで、見たり感じるとソワソワしませんか!?

 

今回は男性の心をくすぶる

「あぶくま洞」を簡単に紹介します。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

◆あぶくま洞 概要

 〒963-3601

  福島県田村市滝根町菅谷東釜山1

 

 営業時間:8:30~17:00

      ※時期によって、変動あり

       4/01-6/20  ~17:00

       6/21-9/30  ~17:30

       10/01-11/20 ~17:00

       11/21-03/13 ~16:30

       3/14-3/31  ~17:00

 

      ※探検コースは、終了1時間30分前

                        までの受付となります。

 

 休 日 :なし(年中無休)

 

 料 金 :おとな(高校生以上):1,200円

      中人(中学生)   :800円

      小人(小学生)   :600円

     ※探検コースは、追加で200円

 

 駐車場 :あり(無料)

      ※広く停めやすい駐車場!!

 

abukumado.com

 

今回の旅行で一番混んでいたのが、

この「あぶくま洞」でした。

 

ただ混み具合に比べて、

ストレスはあまり感じませんでした。

 

駐車場も混雑はしていましたが、

かなりの台数が停められるような設計。

 

洞窟内も止まることなく

見ることができました。

 

唯一のストレスを感じた場面は券売機

ここは非常に混雑していましたね。

 

その他で、ストレスを感じることはなかったです。

 

※駐車場の一部はこんな感じです。

"f:id:naoki0607:20180929122805j:plain

 

超個人的主観のあぶくま洞のオススメはこんな感じです。

 

◆洞窟の偉大さ

全長600mの洞窟内に、鍾乳洞が数多く並んでおり、

自然の造形美が堪能できます。

 

およそ8,000万年という歳月をかけての

大自然の造形美。

 

地球の偉大さを改めて感じることができます。

 

本当に感動しますよ。

 

化石や古生物など地球の歴史に

興味がある僕にはよだれがでるほどのでした。

 

仕事で心に弾力を感じてないと

思う方にもおすすめです。

 

両方、あてはまる僕には最適でした!!(笑)

 

"f:id:naoki0607:20180929122856j:plain

"f:id:naoki0607:20180929122915j:plain

 

洞窟内のコース(探検コース)

 

 

とにかく狭い洞窟内

これは僕が太ったのは関係ないです。

 

 それがあぶくま洞の探検コースです。

普通にかがんで通ることができるのは、

このコースでは標準の大きさの通路だと思ってください。

 

 

しゃがむ・無理やり通るは当たり前のこのコース

 

 おとなはこのコースを出た後は、「あぁ~!!」と言いながら 

 腰を伸ばすこと間違いなしです。

 

 弛んだお腹を凹ましながら進むため、痩せた感じも味わえます。

 

 ゲームの世界に迷い込んだみたいな感覚となります。

 周りのこどもたちは、楽しそうに冒険を楽しめてましたよ。

 

 あぶくま洞へ来た際は、「冒険コース」を絶対に選択してみてください。

 後悔はしますが、楽しいこと間違いなし。

 良い思い出になりますよ。

 

◆涼しい温度

 真夏日が続く、夏休み。

 暑くて暑くて、たまらない!!

 

 一時の涼を求めている!!

 こんな時にも「あぶくま洞」をおすすめします。

 

 洞窟内、かなり涼しいです。

 僕の彼女の視線並みの冷たさだと思ってください。

 

 真夏でも、防寒着(長袖シャツやパーカー)などは

 あっても良いかもしれません。

 

 僕は用意していなかったのですが、周りの人たちは

 着こんでいましたよ!

 

 ただ、洞窟を出た際は、地獄の暑さを余計に感じるのは覚悟してくださいね。

 

 

あぶくま洞は、高地にあるため、

自然の景色も最高のものでしした。

 

"f:id:naoki0607:20180929122705j:plain

 

星空も綺麗な地域とのことで、あなたも

彼女と訪れてください。

 

できる男性をアピールするために

事前に彼女にスニーカーなどで来るように伝えてくだい。

サンダルだと歩きにくく、しんどいと思いますよ。

 

あぶくま洞を存分に楽しんできてください。

 

おわり

 

 

 

【スポンサーリンク】